fc2ブログ

「大阪都構想」から堺市を守る自由と自治・堺の会

橋下・維新の会の「大阪都構想」では、堺市を分割・廃止し、財源と権限を奪うことが狙われています。自由と自治の伝統を受け継ぎ、「堺はひとつ」、この一点で市民協同の取り組みを始め、共感の輪を堺から大阪府下へ大きく拡げていくためのブログです。

防災を考えるつどい「南海トラフ巨大地震で臨海部と私たちのまちはどうなるか?」

6月2日午後、「防災を考える集い~南海トラフ巨大地震で、臨海部と私たちのまちはどうなるか?~」を開催した。記念講演された越山先生(関西大学准教授)は、地震災害にどう備えるべきかを、科学的知見を基に解き明かした上で、災害への心構えは、最後には「覚悟」の問題だ。東日本大震災の現地を自らの目で見て欲しい。それが、防災の街づくりの力になるはずだ。テレビでは無理だ。と強調された。また、角氏(堺市防災計画室次長)は、国・府の防災計画を踏まえた堺市の防災計画(避難計画など)を報告。中野氏(英彰校区自治連合会会長)は、臨海部に面している自治会として、「避難経路、体験、情報の視点から防災訓練している。参加者が少ないなど苦労している。高齢者・障害者など社会的弱者の避難をどうするかが課題だ」と報告された。会場からも、堺市といっても地域によって実情が違うことや、地域での苦労・工夫などが訴えられました。こうした意見を踏まえ、越山先生から「自らが被災者にならないことが、災害弱者対策に繋がる。日頃から自らのまちの将来ビジョンを持っているかどうかが、災害時に目標・展望を持てるかどうかのカギになる」と指摘されました。DSCN7304.jpg
DSCN7300.jpg
DSCN7295.jpg
DSCN7292.jpg
DSCN7287.jpg
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する